So-net無料ブログ作成
検索選択
体調管理 ブログトップ

春の病 [体調管理]

_m_mellowness.png


もうすぐ、3月も終わろうとしています。

[かわいい]春です。春と云うと軽やかなイメージがありますが・・・

[病院]体調を崩しがちな季節でもあります。

そこで、今日は春の体調管理について

記事を載せてみました。[わーい(嬉しい顔)]

春の病と養生法

「春は生じ、夏は長じ、秋は収じ、冬は蔵する」という養生法が記されています。

つまり「冬に病気が出て、春は治るための不快な症状がいっぱい出て、夏に治る。

秋にはまたストレスが始まる。」という流れがあります。

したがって春は不快な症状がいっぱい出て辛い季節なのです。


春は五臓の「肝」が亢進する季節で、瘀血(おけつ)が上昇して顔や頭、皮膚に現れ、

女性では生理が狂いやすくなります。

日本の春は寒暖の差が大きいので体調を崩しやすく、また紫外線が強くなり、

一年で一番風が強い季節です。

春になると寒さに備えて厚くしていた皮下脂肪が薄くなり、その下を流れる血管が広がって、

血液量が増え体温を放出する方向に転換します。このため、脳の血液量が減少して眠くなるのです。

ホルモンの代謝にも変化が起こり、血が騒ぎやすくなり、肝機能が亢進しがちになるのです。

春の病(体の上部に症状が現れやすい)

●だるい
●のぼせる
●眼病、ものもらい、結膜炎
●花粉症(スギ、ヒノキなど)
●ニキビ、吹き出物
●胃腸病
●右肩のコリ
●神経痛、ぎっくり腰、寝違い
●イライラして怒りやすい
●不眠
●精神不安
●うつ病
●芽吹き病(ノイローゼや自殺者増加)
●自律神経失調症
●頭痛
●生理不順

春の養生

酸味が効く

酢の物、レモン、柑橘類、苺、梅干し、棗(ナツメ)、枸杞子、紫蘇、春菊など
適度な酸味は「肝」の働きを正常にして、体の疲れをとり、精神の苛立ちを抑えます。また目の疲れを癒し、眠りを深くして胃腸の働きを高めます。
しかし、取りすぎると胃腸の働きを阻害します。

[レストラン]旬の食材を食卓に

アスパラガス、グリーンピース、筍、ふき、山椒、ワラビ、ぜんまい、うど、よもぎ、タラの芽、菜の花、新キャベツ、あさつき、アシタバ、胡麻、ハトムギ、
ひじき、レバー、ニシン、カツオ、鯛、アサリ、ハマグリ、シジミ、ホタルイカ

[ちっ(怒った顔)][がく~(落胆した顔)][もうやだ~(悲しい顔)][ふらふら]
怒りや緊張は肝臓を傷めるもと。深呼吸で心を落ち着けて
精神的ストレスは「肝」を高ぶらせ、相克関係にある胃腸にも影響します。

季節の変わり目は自律神経が乱れやすくなります。
自律神経失調症では冷えが大敵、体が冷えると心も冷える
[いい気分(温泉)][喫茶店]体を温める食品をとる
 ニンニク、ネギ、紫蘇、生姜、唐辛子、山椒、南瓜、鶏肉、鯖、鰤、味噌など。

これからの季節・・会社勤めの(私も含めて)人達は

[ビル]勤務先でも、人事異動で、転勤・部署異動などなど・・

ちょっと疲れがちなシチュエーションのシーズンですよね。

自分では気が付かないうちに疲れが溜まっていくよーです

ストレスが大敵![あせあせ(飛び散る汗)]

みなさんも、体調くずさないよーに・・

気を付けてくださいね~[揺れるハート]






 
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
体調管理 ブログトップ